重要なお知らせエリアを非表示

家族と一年商店

家族と一年誌「家族」2号

¥2,310

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「hyota.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「hyota.jp」を許可するように設定してください。

家族と一年商店を営む中村家が制作・発行をしている家族の雑誌。一年間(以上)に渡って一家族を取材する。取材・制作は家族(中村家)全員で行う。そして一冊まるごと、一家族を取り上げる。家族がつくる、家族の雑誌。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 ¥180
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥280

※¥8,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

実りゆく、人生。

家族と一年誌「家族」第二号の家族は千葉県大多喜市にあるmitosaya薬草園蒸留所を営む江口一家です。お父さんはブックショップ「ユトレヒト」「TOKYO ART BOOK FAIR」を立ち上げた江口宏志さん、お母さんはイラストレーターとして活躍する山本祐布子さん。住み慣れた東京を離れ家族が選んだ新たな生き方は、薬草園の資料棟で無理矢理寝食をし、土にまみれ慣れない農作業に勤しむ、蒸留所の開設という道でした。計画や想定からかけ離れた、挑戦と冒険と日常。そんな家族の姿を創刊号に続き、奥山由之、吉楽洋平という二人の写真家と共に春・夏・秋・冬追いかけました。

mitosayaが、mitosayaになるまでの物語

奥山由之さんによる、薬草園の管理棟を自宅にして暮らす家族の写真。

吉楽洋平さんによる、植物が生い茂る蒸留所と薬草園の写真。

江口ファミリーによる蒸留所オープン前夜の家族座談会も収録。

想定からかけ離れた、大きな大きな物語

現在新作が出ると即ソールドアウト、多方面に注目されている蒸留所のmitosaya。
mitosayaができるその前、一家が蒸留所の場所探しを始め、薬草園に移り住み、オープンに向けて進んでいった3年間。
予定通りには進まない立ち上げ計画に奮闘する家族の日々を追いかけるうち、想定からかけ離れた、大きな大きな物語に出会えた2号。

当初お酒ができるまでを本にするつもりだった取材は、結局お酒作りに至る前の時期、「蒸留所」ができたその日で終えています。
そこで取材を終えられた理由こそ、わたしたちが江口ファミリーから受け取った、2号で表現したかったものなのだと思います。
ふたりの子ども達(みとちゃん、さやちゃん)の成長していく姿も納められた、眩しい一冊。

ご購入前にお読みください。
ご購入いただいた商品は、リサイクル可能か堆肥化可能な梱包材を、必要最低限の量だけ使用させていただきます。配送時の破損がないよう最大限の注意をし、配送させていただきますが、場合によっては傷がついてしまう可能性もあるかもしれません。大変ご不便おかけしてしまいますが、当店の理念にご賛同いただける場合に、ご購入いただけますようお願いいたします。
また資源節約のため、納品書は同封いたしません。納品書が必要な方は、その旨を備考欄にてお伝えください。発送完了後、納品書PDFをメールにてお送りいたします。必要な場合はご自身で印刷をしていただく形をお願いいたします。

Related Items関連商品
  • 家族と一年誌「家族」創刊号
    ¥1,650
  • 竹おじさんの竹籠 小サイズ
    ¥3,600
  • 竹おじさんの竹籠 特大
    ¥8,500