家族と一年商店

2021/11/10 12:30

は〜できない...と困り果てていることがありまして。
なにって、この家族と一年商店をインスタグラムショッピングに連携できないのです。
インスタグラムをひらけば、いろんなお店がいたってフツウにお買い物できるようになっている。
ぜーんぜん難しいことなんてありませんよ、って感じでみなさん。
ですが家族と一年商店はできない。
わたしが初期設定を担ったのがいけなかった...。(メールサーバの設定すらスムーズにできたことないのに)
バトンタッチした夫に「とっちらかしたな〜〜〜!なにをどうしたの?」と聞かれても、なにをしたかもわからない。設定が重複して登録されて、そのうちのひとつがインスタに紐付けされちゃって、どれかわからなくて...(????)
あの手この手で糸口を探す夫に「もう〜〜〜最初にとっちらかすから〜〜〜」と言われ続けて早2ヶ月。解明できず。
あ〜困った...。

さて、そんな中、
14日の日曜日は、千葉県大多喜のMITOSAYA薬草園蒸留所で行われる楽しげなオープンデイに家族と一年商店も出店します。

この商店ができたのも、もともとわたしたち家族が「家族」っていう雑誌を作っていたのがきっかけで、
MITOSAYAの江口ファミリーは、その「家族」2号で取材させていただいたご家族。(かぞくって言葉頻出で混乱しますね)

家族2号。表紙はMITOSAYA長女、みとちゃん。

家族と一年誌はひとつの家族を1年間取材するっていうコンセプトなのに、江口ファミリーの取材は3年に渡りました。
蒸留所候補の場所を探していた頃から始め、予定通りには進まないオープンに向かっていく長い時間。
いろんな瞬間に立ち会わせてもらい、取材が終わった後もなんやかんやと、よく遊びに行かせてもらっています。

1ヶ月前も、「新しく飼いはじめた羊をシャンプーする」と呼ばれ行きました。
最初は江口ファミリー4人だけでぽつぽつと暮らしていた蒸留所のある広大な薬草園に、ネコがやってきて、犬がやってきて、ニワトリがやってきて、今度は羊。

羊生初のシャンプーに暴れる羊のピッコロとホルン。

「ホルンとピッコロは何か目的があって飼ったの?」と聞いたら「目的なんてないよ。ていうか、こうやって羊と暮らすっていうのが目的だよ」と、江口さん。
その言葉が、うん。心にすとんと落ちた。

MITOSAYAの事務所は娘のみとちゃんとさやちゃんの遊び場でもあって、ホワイトボードに2人が「パソコン、禁止!」「だめ、パソコン、ぜったい」「パソコン、反対〜〜〜〜!!」ってユーモアたっぷりにすごい熱量で描いた絵と言葉を見て「パソコンしてるの嫌なんだね〜」と言うと「パソコンほんと、よくないよね」と、江口さん。
その言葉も、うん。心にすとんと落ちた。

お酒やお酒にまつわるすてきなプロダクトを作り販売しているけど、この場所で、生き方、暮らし方こそをMITOSAYAは築いているんだな。
羊とお相撲の日々こそが、お酒作りに必要なスパイス(????)で、パソコンほんとによくない、と思う感覚を大事にするために、この場所でこのプロダクトたちを作ることを決めたんだな。
と、いつも心にすとんと落ちる感覚があるのです。
スバラシイ。

で、そんなスバラシイMITOSAYAに出店するわたしたち。
今回、この家族と一年商店で販売している藤野のもの、エシカルなもの、
そして「家族カレンダー」という本も持っていきます。

「家族カレンダー」はですね、
わたしが家族との日々を5年間、1日も欠かすことなく書き綴った(家族と一年誌のサイトにて)日記を元に
作った本です。アノニマスタジオさんから11月中旬発売。来週くらいからは本屋さんにも並ぶはず。
こちらの本もオープンデーで、先行発売(というのかしら)させてもらおうと思っています。


表紙、大きく載せちゃいます。

「家族と一年誌」が作った「家族と一年商店」で「家族カレンダー」を販売......。
と、こう書いてみると、わたしはなにがしたいんだってくらい、いろんなことやっていて、
とっちらかしたのはインスタショッピングだけじゃなかったね、とっちらかっている人生ね。

さらに一年誌も一年商店も共にやっている夫も
空間デザインやったり出版したりイベントしたり、わたしの倍、
いろんなことやっていて、とっちらかっている人生。

とっちらかった夫婦...。

ですけども、
こんなにとっちらかっているようでいて、
その全部は同じ気持ちと願いと意地みたいなもので繋がってもいるのだと思う。

心にすとん。と落ちる、生き方をしたい。という気持ちと願いと意地で。

矛盾も難しさも山ほど抱えているんだけど、
それでも自分に胸をはって、未来にむけて胸をはって、
満足して納得して、生きたい。
ってな気持ちで
自分たちにできる手段を繰り出して広げて、広げたらなんとか次に繋がって。
と、ひとつひとつやってきたことを振り返ってみたら、
なんとも今はとっちらかっているけれど、
すべてが強く太く繋がって、心にすとん。と落ちる日も、遠くはない。(と信じたい)
そうやって、矛盾と難しさをひとつひとつ、手放していける方法を築いている最中なんだよなあ.....と思います。

そう、それで
家族と一年誌と家族と一年商店と家族カレンダーが14日は一堂に会します。
全部わたしたち家族がやってきたことですので、とにかく、わたしたち家族がMITOSAYAにおります。

お天気も良いみたいだし、とても楽しみです。

それでは今日も残りの半分を気持ちよく、過ごせますように。




















Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。