家族と一年商店

2022/02/04 14:36

なんだか朝の寒さが少し和らいできたような...。

車の窓も霜でまっっっしろに凍りついてない...!(すぐ乗れる!)

と、さすが立春。

まだまだ「ああああ寒い寒い寒い...」と小走りに家の廊下を走ってしまうのは続くと思われますが(我が家の廊下は外より寒い)

それでも少しずつ季節が進んでいくのを感じるし、となるとね、途端にこの「冬!」って日々を

じんわりと味わいつくしたいものですね...なんて気持ちにもなれています。


さて、先日販売開始した脱硫マッチの「HOWARI」たくさんオーダーいただいています。

順次みなさんの元にお送りしていますので、何色が届くか楽しみにお待ちいただけたらなと思っています。


5歳の息子(喘息持ち)にも安心なマッチ。嬉しいなあ。

そんな彼はね、シュッとマッチ、つけれるんです。

ええ!子どもにそんな危ない!!って言われちゃうかもしれないんですけど、

大人が一緒にいる時だけだよ、とちゃんと話して、

息子はマッチを使っています。




「火」を見つけて、使えるようになったことは

きっと、人間の暮らしを根源から変えた大きなことで、そんな根源に繋がっている火をね、

自分の手でシュッと生み出す。





その体験は小さくも大きな、子どもの糧になっているような気もします。


息子が火をつけて、真剣な顔でろうそくに灯す。

その姿を見ると、わたしもなんだか毎度毎度厳かな気持ちになったりして。


まあ、そうして火をつけてすぐ

おやつ時間のわちゃわちゃに

厳かな気持ちはかき消されるわけなんですけども。


それでも息子が灯した火を見ながら

おやつを食べるのはやっぱり、いい時間なのです。




Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。